イアー・トレーニング/トランスクリプション
講師:高橋信博
形式:通学個人レッスン 料金
年間22回(日曜日、月2回レッスン、1月、8月のみ1回レッスンとなります)
場所:三宿スタジオ

概略:
 クラシック音楽の正規教育では、ソルフェージュによる基礎音感の開発と訓練プロセスが重視されています。ジャズやポピュラー音楽のミュージシャンにとっても、確実な相対音感を獲得することは、本格的に音楽と取り組むための大前提といえるでしょう。音楽を文字どうり音の構造物として捉えるためには、この能力が不可欠です。音感の欠如は知識や理論の積み重ねだけではリカヴァーすることはできません。
 このレッスンでは、レコード・コピーという様々な目的に役立つ具体的作業を通じて、学習者の基礎音感と解析能力を訓練します。
Iすべての単純音程、スケール、シークェンス、コード、コード・アルペジオ等を材料とする予備練習
II小編成アンサンブルにるメロディ・ライン、ヴォイシング、ベース・ラインの採譜練習 既成音源(CD等)からの採譜作業
IIを終了後、さらにレッスンを延長する場合は、講師にご相談ください。

期限(月額受講料):
Iの内容を12カ月で消化予定(¥17,000)
IIの内容を12カ月で消化予定(¥19,000)
IIを終了後、さらにレッスンを延長する場合は、講師にご相談ください。

受講条件等:
 受講者はレッスン開始時点で、スケール、ヴォイシング、コード進行、記譜法等に関する基本事項を理解している必要がありますが、全くの初心者には、I の前に適当な長さの予備レッスン期間(¥17,000)を設定します。
 ピアノ、またはそれに準ずる鍵盤楽器、参考音源(講師が指示するCD等)、レコード・コピーのためのオーディオ装置(2スピードのテープ・デッキとオーディオ・ミキサーの組み合わせか、それに替わる2スピードのMTR)が必要です。

 その他、必要な練習素材・資料等は講師が用意します(カセット・テープ代等、若干の実費を頂く場合があります)。

 疑問点があれば、担当講師にお問い合わせください。

一つ前のページに戻るにはブラウザーのback(戻る)クリックして下さい
Lung Home page  TOPへ