リズム・トレーニング      
講師:越智泰彦
形式:通学個人レッスン 料金 /通信A 料金 /通信Bなし
年間22回(木曜日、月2回レッスン、1月、8月のみ1回レッスンとなります
場所:三宿スタジオ
対象:初心者、全楽器奏者、歌手、アレンジャーなどすべて
受講条件:特になし
期間:一年(受講者により不定)そのままラテン・ベース科に接続することも可

リズム・トレーニング科について  越智泰彦・濱瀬元彦
 リズム・トレーニングというと記譜されたリズムを手足、楽器を使って具体化する訓練と考えられるかも知れません。これはパウル・ヒンデミットの『音楽家の基礎練習』で典型的に示された訓練法で実際に多くの音楽大学で施行されています。このような教程では楽譜表記をパルス(自然時間を均等に区切った点)概念に基づいて、いかに正確に解読し、手足の動き(多くは両手で異なったリズムを演じることを目的とする)に置き換えるかという作業がメイン・テーマとなります。作曲家、指揮者、ピアニスト、打楽器奏者にとって上記の基礎練習が有効であることは言うまでもありません。
 一方、本科で行っているリズム・トレーニングはリズムを運動として考える立場にたっています。静的な(スタティックな)なリズム表記(楽譜)から、どのようにすれば命あるリズムを産み出せるか、という点に重点を置いています。音符に生命を吹き込み、スイングあるいはグルーブを産み出すにはどうすればよいのか、そしてメロディーはそのリズムとどのように関わり合うのかが、主要なテーマとなります。
 楽器を使ってリズムを出すときに、足を動かす場合と、動かさない場合では演奏内容が全く別種のものに感じられます。この点に着目し、本科ではいろいろなステップ(ダンスから発生したもの)を楽器の演奏に導入することにより、色々な種類の感じ方を体験していきます。ステップや体の使い方を積み重ねることにより、生きた音符とはどんなものなのかを考え始めることができるようになり、リズムのイメージを体系化していく端緒を得ることができます。
 ところで水泳を始めるとき、最初に体得しなければならいことは水を信じること、ただ単に水に浮くようにできることです。水を恐がらずに浮くことができずに手足をむやみにばたつかせても、前進することはできません。さらにサーフィンでは波を読み、波のエネルギーを最大限に利用することでなんら機械的なエネルギーを使わずに海上を気持ちよく高速で疾走することができます。これらは音楽におけるリズムの獲得、グルーブの獲得と興味深いアナロジーをなしています。
 まずリズムと身体の関係の自然な状態を把握すること、これが水泳で言えば水に浮くことに相当します。リズムの基本的な把握なしに楽器上で指をやたらと踊らせている姿をよく見かけます。いくら音符を羅列しても基本的なリズム把握なしに音楽的にもリズム的にも推進力を得ることはできません。当人は一所懸命なだけに、それに気づいてすらいないことが多く見るに忍びません。そして、次にリズムを波に例えれば、どこに「乗る」か、が課題となります。それは可能でしょうか?リズムを理解し、その捉え方を学ぶことにより、リズムの波のどこに乗ればよいかを知ることは不可能ではありません。私たちが身につけたいのはこの波に乗るコツであり、これが可能になれば上手なサーファーのようにダイナミックで快感のあるグルーブを得ることができるようになるのです。初心者はもちろんのことリズムについての明確なイメージが欲しい方、楽譜は読めるけれどグルーブあるいはスイングしたという経験がない方、あるいは器楽的なリズム体験を得にくいボーカルの方に特に有効と思われます。

一つ前のページに戻るにはブラウザーのback(戻る)クリックして下さい
Lung Home page  TOPへ