ジョアン・ジルベルト・スタイル・ボサ・ノヴァ・ギター
講師:高橋信博
形式:通学個人レッスン 料金 /通信A 料金
年間22回(日曜日、月2回レッスン、1月、8月のみ1回レッスンとなります)
場所:三宿スタジオ

概略:
 ジョアン・ジルベルトの音楽はシンプルで心地良いものですが、その背後にある奥行きの深さには他の何人にも計り得ないものがあります。しかしボサ・ノヴァを「体験」するには、彼のスタイルを支える完成された技術の数々を身を以て試してみることが大きく役立つでしょう。このレッスンは、彼の弾き語り奏法の技術的な土台となっているコード・ヴォイシング、リハーモニゼイション、リズム・パターン等を一つのスタイルとして理解し、表面的な雰囲気を越えて確実なものを捕まえようというものです。
 20曲程度の練習曲によって、ジョアン・ジルベルト・スタイルの弾き語り奏法、または、(ヴォーカル抜きで)ボサ・ノヴァ・ギター伴奏法の基本を習得して行くレッスンです。

Iボサ・ノヴァ・ギターを始めるための予備練習/所定のテキスト(+α)に沿った基本ヴォイシングとリズム・パターンによる奏法の練習。
II奏法の洗練/レパートリーの拡大/やや難度の高いヴォイシングとリズム・パターン、あるいは楽曲へのアプローチ
III奏法の完成/レパートリーの拡大

期限(月額受講料):
I の内容を18カ月で消化予定(¥17,000)
IIの内容を12カ月で消化予定(¥19,000)
III の内容を12カ月で消化予定(¥21,000)
 ガット・ギターの初心者には、I の前に適当な長さの予備練習期間(¥17,000)を設定します。III を終了後、さらにレッスンを延長する場合は、講師にご相談ください。
 このレッスンの内容に関しては既にある程度のレヴェルに達していて、上記カリキュラムの中途段階から受講を希望する方は、講師が用意するプレイスメント・テスト(能力判定)をお受けください。

受講条件等:
 全くのギター初心者も、ガット・ギターの基礎練習から始めることで受講は可能です。自分の楽器を持参出来ることが受講の前提です。楽器は原則としていわゆる「クラシック・ギター」(ガット・ギター)ですが、ガット弦を使用するものであれば、エレクトリック・ガット・ギターでも構いません。(必要があれば、楽器購入についてのアドヴァイス、あるいは信頼できるギター専門店の紹介等も可能です。)基本的なオーディオ装置と、練習のための参考音源(講師が指示したCD等)が必要になります。
 弾き語りレッスンの受講者は、歌詞の理解と発音に必要となる最低限のポルトガル語能力を、何らかの方法で各自得るようにしてください。レッスン時には、講師が基本的な発音等を簡単にチェックします。

教材:
 東京音楽書院刊「ジョアン・ジルベルト・スタイル・ボサ・ノヴァ・ギター奏法」(品切れ)をテキストとして使います。その他、必要な練習素材・資料等は講師が用意します(カセット・テープ代等、若干の実費を頂く場合があります)。
 疑問点があれば、担当講師にお問い合わせください。

一つ前のページに戻るにはブラウザーのback(戻る)クリックして下さい
Lung Home page  TOPへ