スラッピング・スタイル・ベース科
講師:清水玲
対象:エレクトリック・ベース
形式:通学個人レッスン 料金/通信A 料金/通信Bなし
年間22回(金曜日、月2回レッスン、1月、8月のみ1回レッスンとなります)
場所:三宿スタジオ
受講資格:初心者も可
期間:一年前後またはそれ以上(受講者の能力と目的よって不定)

概要
 本講座ではルイス・ジョンソン、マーク・キング、マーカス・ミラーらを代表と する、ダウン・ストローク・スラッピングを中心に指導します。また一方で、ラリー・グラハムに代表されるアップダウン・ストロークや、近年のミクスチャー系ロックに見られるラジカルなスラッピング等、様々な奏法が持つ独自の表現力をきめ細かく解説します。 その他にもスラッピングにおける豊かな音色の確立や、スラップ・スタイルに不可欠なリズムトレーニング等も入念に行いますので、音色に問題を感じている方や、初歩的なリズム感の育成を必要としている方にも非常に効果的です。本講座でのフレキシブルなテクニックは、アンサンブルやソロプレイにおいて必ずや強力な表現手段となるでしょう。

内容
STEP1 基礎練習
スラップ・スタイル・ベースの多様性と使用例。各種奏法における利点及び難点の明確化 
効率の良い右手のフォームと音色について
サムピングについて
左手のデット・ミューティングについて
プラッキングについて
サムピングとプラッキングのコンビネーション
左手のヒット・ミューティングについて
 以上の項目を3種類の異なるスラップスタイルを用いて訓練していく。(STEP1は初心者.上級者を問わず重要なので、充分な時間をかける必要があります。)
STEP2 実用フレーズの練習とSTEP1のすべてを統括した練習
スラッピングにおいての休符のとらえ方と予備動作について
8ビートのフレージング
16ビートのフレージング
3連符系のフレージング
高速フレージングのバリエーション
スラップスタイルを拡張する特殊奏法

一つ前のページに戻るにはブラウザーのback(戻る)クリックして下さい
Lung Home page  TOPへ