タッピング      
講師:越智泰彦
形式:通学個人レッスン 料金 /通信Aなし /通信Bなし
年間22回(木曜日、月2回レッスン、1月、8月のみ1回レッスンとなります
場所:三宿スタジオ
対象:ベーシスト
受講条件:特になし
期間:受講者により不定

Tapping 現代ベース奏法の新しい可能性/越智泰彦

【tappingとは何か】
tapとは、コツコツとたたくことを意味し、tappingとは、特にギターやベースで右手と左手の双方で弦を指板上で叩くことによって和音を出したり、右手と左手を組み合わせてピッキングやピチカートではできない和声およびリズム表現を行う奏法を指します。

【ベースでのtapping】
さて、ギターではすでになじみの深いtapping奏法にはさほどの多様性はありません。おそらくベースの音域がギターよりもtappingに適していることによると思われますが、ベースでは、極めて多様なバリエーションがあり、なお現在も変化し続けています。現状ではキワモノ的でない、より音楽的なtappingは、まだ少ないのですが、これら生成過程のtapping奏法が新しい音色・音像を生み出す大きな可能性を持っていることは疑いのないところです。

【メロディー・ハーモニー面からのアプローチ】
従来の奏法をすでに修得している人が、tappingを学ぶことによって、新たに得られるものとはなんでしょうか。それは「指板上の地図」、つまり指板の認識の程度が、新たな次元に上昇しうる点です。

【リズム面からのアプローチ】
tappingのトレーニングを重ねることにより、ベーシストにとっては最も重要なリズム面が強化されます。tappingは右手と左手を両手のコンビネーションによって行いますので、通常のピッキングでは得られない、立体的なリズムを構成できます。その結果、強靱なリズム感が養成され得るのです。

【奏法の改善〜右手・左手・指・身体全体の見直し】
tappingでは筋肉を充分に脱力し、関節を自由にしておかなければできません。このことは、tappingのみならず既得の技術をより高度に発展させうる新たな視点を獲得することを意味します。

tappingという可能性のある技術を、切実な課題として、本当の音楽に向かう力になるものと確信し、この講座をスタートしたいと思います。

一つ前のページに戻るにはブラウザーのback(戻る)クリックして下さい
Lung Home page  TOPへ