越智泰彦 カリキュラム

【越智泰彦 Yasuhiko Ochi プロフィール】
1957年8月13日、神戸に生まれる。
高校在学中来日中のハービー・ハンコック・グループのベーシスト、ポール・ジャクソンにサルサとジャズの必要性をアドバイスされ、以前から興味をもっていたラテン・ロック、サルサなどの世界に入り込み、関西でライブ活動を行う。
1980年以降、東京で中村功(パーカッション)、中村善郎、小野リサ(ともにボーカル)などと活動。
1987年 八尋トモヒロとボンフィン・マーケットを結成。
1988年 若林忠宏(インド音楽)チスラムを結成。
1989年 ニューヨークでアダム・ルドルフ(現ジョン・ハッセル・グループのメンバー)とバンド結成の約束をするが帰国し、細畠洋一グループ、モザイク・アフリカに参加。
1991年 ブラジルのユバ・バレエ団来日公演参加。
1992年 ブラジルのサルバドールでパーカッションを学ぶ。帰国後、濱瀬元彦に師事。現在トレス・パスカル、コンフント・エスパシオ、海沼バンド、秋元かおると海の音楽室で活動中。
1993年 ラテン・ベース科をラング・アドバンスト・カリキュラムで開講。多数のレコーディング、ツアーに参加する。
1994年 キューバで打楽器とダンスを学ぶ

一つ前のページに戻るにはブラウザーのback(戻る)クリックして下さい
Lung Home page  TOPへ