通学レッスンとビデオ通信レッスン

通学レッスン
 ラング・アドバンスト・カリキュラムではすべて時間予約制の完全個人レッスンで行います。本スクールの特徴は「ラング・アドバンスト・カリキュラムについて」をお読み下さい。また各カリキュラム内容の特徴は各カリキュラムの項目をお読み下さい。

ビデオ通信レッスン

【ビデオを利用通信教育の特長】tizu
 ラング・アドバンスト・カリキュラムではいくつかの例外の除いて、ほぼ全カリキュラムを通信教育でも行ないます。各カリキュラム説明の最初に形式の項目で通信とあれば通信レッスンが可能です。料金は一般の通信教育システムに較べて割高な印象があるかも知れませんが、以下のような理由に基づいています。

【ビデオを利用して個人レッスンを行なう新しい通信教育(Aコース)の特長】
 従来の通信教育の多くが成功していないのは大半が教材の定期的通信販売に過ぎず、受講者の理解状態のチェックをきちんと行っていなかったためです。ラング・アドバンスト・カリキュラムではレッスン課題を受講者自身でPC、Macあるいはカメラなどで録画していただき、MPEGなどのフォーマットで、USBスティックあるいはDVDなどに記録し、お送りいただき、講師がチェックした上で受講者が視聴可能なフォーマットで批評と新たな指導内容をお伝えします。このように一人の受講者に一人の講師が毎回、ビデオを制作する時間と手間のかかる方法です。そもそも、このビデオ通信講座は地方から上京して受講されていた方々の負担を軽減するため行ったのが始まりで、この方法ならば個人レッスンと同じ効果が得られることがわかったのでした。遠隔地にお住いの方はもちろん、近郊にお住いで定期的にレッスンに通えないご事情の方にも最適です。

【Aコースの方法】

1. 受講される方は動画を記録できるPC、MacとWebカメラ、あるいはビデオカメラをご用意下さい。DVD、CD-R、USBメモリなどで動画をお送りいただきます。演奏や話を録画するだけですから特に編集装置は必要ありません。

2. 申し込み手続きと料金の支払いが済むと必要な教材と第一回の課題を送付します。

3. 各科目で指定された課題を実行し、その成果をVTRに録画し、添削問題などの回答と一緒に指定期日必着で送付して下さい。またこのとき質問も一緒に録画して下さい。科目によって返送必着指定日は異なります。

4. 受講者が自らの録画に使用するメディアとラングへの送付料は受講者の御負担となります。この受講者制作のビデオは講師のチェック後、受講者に返却されます。

5. 講師は送られてきた映像を見て批評および解答と新たな講義内容を録画し、添削問題が同時にある場合はその添削と解答を行い、科目ごとに決めた期日までに到着するよう送付します。ここまでが1サイクルで、一カ月分の終了です。

6. 受講者の収録時間は原則として45分以内にまとめていただきます。講師側の収録時間は基本講議が30分から多いものでは70分以上のものと様々です。さらに受講生のビデオに対するコメントとレッスンが加えられます。

7. 原則として受講者の返送が遅れた場合、レッスンの繰り越し、レッスン期間の延長はしません。

8. 受講者収録ビデオが返送されない場合は基本講議を収録したビデオ教材だけが送付されます。受講者収録ビデオは受講者の理解状況を把握するためのですので、出来は気にせず必ず、お送り下さい。講師はそこから受講者の状況を読みとる専門家ですから。

9. 各科の終了期間は個人レッスンと同様に受講者が目的の課題が達成されるまで行います。できる限り妥協することなく目的を達して下さい。

10. 上京できる方はスクーリング(直接レッスン)を受けることができます。ある月の通信レッスンをスクーリング(45分×2単位)と入れ換える方法と別料金で追加する方法の二つが可能です。

11. 途中でレッスンを辞める際の既収料金の返却要求にはお応えできませんのでご了承下さい。

【Bコース】

 Aコースから受講者の状況チェックの機能をなくしたコースです。教材を定期的に送付するだけでよいから廉価に、という希望者が多いため設置しました。媒体はVHSとなります。

一つ前のページに戻るにはブラウザーのback(戻る)クリックして下さい
Lung Home page  TOPへ