2023年2月7日(火曜日)

濱瀬元彦『Technodrome Variant』リリース記念LIVE at JZ Brat

 

2022年10月1日にリリースされた新アルバムCD『Technodrome Variant [New Mix in 2021]/MOTOHIKO HAMASE』発売記念のワンマンLIVE。今回は、デジタルと生演奏の融合により、濱瀬元彦の音楽と6弦ベースのインプロヴィゼーションをフィーチャーした、新たな形式のステージである。濱瀬元彦名義でのソロLIVEは、1987年のSpiral Garden以来、36年ぶりとなる。演奏曲は、新アルバム『Technodrome variant』のほか、『INTAGLIO』『REMINISCENCE』からも選曲される。

〈Members〉

濱瀬元彦(b)

清水 玲(manipulation,b)

岡部洋一(per)

 

TOJO[afrontier](support DJ)

 

〈Show Time〉

Open 18:00 Start 19:00(途中休憩あり・21:30終演予定)

 

〈Live System〉

入替なし

予約¥6,600 当日¥7,700

〈ご予約はこちらから〉

https://www.jzbrat.com/liveinfo/2023/02/

2022.10.1 New Album Release

Technodrome Variant [New Mix in 2021]
MOTOHIKO HAMASE
(LUNG) CD

album image

Release Date:2022/10/01 sat.

Serial No.:LUNG CD-0002

JAN:4582561398124

 

01. Invisible City

02. Technodrome

03. Imagery

04. Opaque

05. End of Legal Fiction

06. Chirico

07. Moriana

 

All Compositions by Motohiko Hamase

Produced by Motohiko Hamase/All instruments, recording by Motohiko Hamase

Recorded October to December, 1992 at Studio Lung, Tokyo

New Recorded December, 2020 to January, 2021 at Studio Lung, Tokyo

Reconstruction of Music and Sound Sources by Motohiko Hamase

Mixed and Engineered, Masterd by Rei Shimizu at Quiet Chamber Studio, Japan, 2021.

 

1993年『テクノドローム』のMIDIデータと音源データをもとに
2021年の音源環境下で新たに再構築した、新ミックス版

 

~「『Technodrome Variant』について/濱瀬元彦」より抜粋~

『Technodrome variant』では、すべてのトラックの再構成を行っている。まず、ベースソロは1993年当時の私の目的意識で音量を過度に下げていたので、適正なボリュームに上げ、今日ではいささか古すぎると思われるパーカッションの音を差し替え、シンセサイザーの音はMIDIデータを活かして新しく録音し直すなど、全面的な改良を行った。(2022. 8. 20)


国内レコード店、各種オンラインショップにて発売中

 

Amazon

 

TOWER RECORDS ONLINE

 

HMV&BOOKS online

 

diskunion

 

Rakuten

 

TSUTAYA